この言葉は文でどう使う?

「朝三暮四」の意味と例文

「朝三暮四」は日常であまり聞くことがなくなった故事成語です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「朝三暮四」の意味と例文を紹介していきます。 「朝三暮四」の読み方 読み方:ちょうさんぼし 「朝三暮四」の「朝」は「あさ」ではな...
この言葉は文でどう使う?

「弘法にも筆の誤り」「上手の手から水が漏れる」の違い、意味、例文

「弘法にも筆の誤り」は日常でもよく使われることわざなのに対して「上手の手から水が漏れる」はあまり聞いたことがないかもしれませんね。ここでは「弘法にも筆の誤り」「上手の手から水が漏れる」の意味と例文を紹介していきます。 「弘法にも筆の誤り」...
この言葉は文でどう使う?

「株を守りて兎を待つ」の意味と例文

「株を守りて兎を待つ」はあまり耳にする機会がないかもしれません。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「株を守りて兎を待つ」の意味と例文を紹介していきます。 「株を守りて兎を待つ」の読み方 読み方:かぶをまもりてうさぎをまつ ...
どちらの表現が正しい?

コロナか 「禍」「渦」どっちが正しい?

「か」には「禍」と「渦」がありますが、それぞれは似たような漢字なので、論文・小論文ではよく間違えやすい漢字でもあります。そこで、ここでは「禍」と「渦」のそれぞれの意味の違いや例文について解説していきます。 「禍」と「渦」の違い 禍(か)...
この言葉は文でどう使う?

「心に刻む」の意味 「心に刻んで」「心に刻んだ」などの例文

「心に刻む」は日常でもよく使われる慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「心に刻む」の意味や「心に刻んで」「心に刻んだ」などバリエーションでの例文を紹介していきます。 「心に刻む」の読み方 読み方:こころにきざむ ...
この言葉は文でどう使う?

「孤立無援」の意味と例文 「孤立無縁」は間違いなので注意!

あなたは「孤立無援」を経験したことはありますか?「孤立無援」は日常でもよく使われる四字熟語です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「孤立無援」の意味と例文を紹介していきます。 「孤立無援」の読み方 読み方:こりつむえん 「...
この言葉は文でどう使う?

「権兵衛が種まきゃ烏がほじくる」の意味と例文

「権兵衛が種まきゃ烏がほじくる」は日常ではあまり聞かれなくなったことわざです。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「権兵衛が種まきゃ烏がほじくる」の意味と例文を紹介していきます。 「権兵衛が種まきゃ烏がほじくる」の読み方 読み...
この言葉は文でどう使う?

「五十歩百歩」は読み方に注意! 「五十歩百歩」の意味と例文も

何かを批評するときなどに「五十歩百歩」なんて表現を使うことがよくありますよね。「五十歩百歩」は現代でも通用する故事成語です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「五十歩百歩」の意味と例文を紹介していきます。 「五十歩百歩」の読み...
この言葉は文でどう使う?

「心が重い」の意味 「心が重く」などの例文

「心が重い」は日常でもあまり使われなくなった慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「心が重い」の意味と例文を紹介していきます。 「心が重い」の読み方 読み方:物事をするのに気が進まず億劫だということ 「心が重い」は...
この言葉は文でどう使う?

「気が重い」の意味 「気が重くなる」「気が重そう」などの例文

「気が重い」は日常でもよく使われる慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「気が重い」や「気が重くなる」「気が重そう」などバリエーションでの例文を紹介していきます。 「気が重い」の読み方 読み方:きがおもい 「気が重...
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました