「頭を抱える」の意味と「頭を抱え込む」などの例文

「頭を抱える」は日常でもよく使われる慣用句ですが、実際にはどのように使えばいいのでしょうか。ここでは「頭を抱える」の意味や「頭を抱え込む」などバリエーションの例文を紹介していきます。

「頭を抱える」の読み方

読み方:あたまをかかえる
「頭を抱える」は「頭を抱え込む」などのバリエーションがありますが、「頭を抱えた」と使う事例は少なく、基本的には「頭を抱える」で一つの慣用句となっています。

「頭を抱える」の意味

意味:心配事や悩み事に対して解決方法がなく考え込むこと
「頭を抱える」はよく漫画でも描かれるように、自分の頭を両手で挟んで抱え込むような動作が語源になっていると言います。「頭を抱える」の「抱える」は物を囲むように腕を回して持つという意味と、自分の負担になるものを持つという意味があります。「頭を抱える」では頭を両手で包み込んでいる動作を指し、実際に抱えているものは心配事や悩み事ということになります。

「頭を抱える」の例文

例文1:期限が迫っているのに解決方法が見つからず頭を抱える。
例文2:新人がいつまでも仕事が覚えられずどうしていいのか頭を抱える日々が続く。
例文3:難問が次から次から降りかかってきて頭を抱える。

「頭を抱え込む」の例文

例文1:企画案がまったく思いつかなくて頭を抱え込む。
例文2:コントロールができなくて頭を抱え込む日々も今日で終わりだ。
例文3:市場が暴落して頭を抱え込むトレーダーたちの姿がフロアのあちこちに見られた。

「頭を抱える」をうまく用いる

「頭を抱える」は日常でよく使われる慣用句です。論文・小論文でも文中で使えるようにして語彙力をアップさせていきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました