「悪戦苦闘」の意味と例文

「悪戦苦闘」はよく使われる四字熟語ですが、具体的に文中でどのように使ったらいいでしょうか。ここでは「悪戦苦闘」の意味や例文を紹介していきます。

「悪戦苦闘」の読み方

読み方:あくせんくとう
「悪戦苦闘」は「あくせんくとう」と読みます。よく使われる言葉なのでこの読み方は耳馴染みですね。

「悪戦苦闘」の意味

意味:苦しい状況で一生懸命に努力すること。
「悪戦苦闘」は「悪戦」は不利な状況を意味して、困難に打ち勝とうと努力することでもあります。

「悪戦苦闘」の例文

例文1:英語が読めず、思った以上に悪戦苦闘したが、なんとか欲しいものを海外輸入することができた。
例文2:初めての動画作成で悪戦苦闘したがようやく仕上がった。
例文3:小さなネジを締めるのに悪戦苦闘した。
例文4:子供を寝かしつけるのに悪戦苦闘してしまうのは、新米ママだからかもしれない。
例文5:初めてのお弁当作りは悪戦苦闘の連続で、1つ作るのに2時間もかかってしまった。

「悪戦苦闘」をうまく用いる

「悪戦苦闘」は日常によく使われる四字熟語です。意味さえ解っていれば使いやすい言葉ですね。様々な場面で使われるので、論文・小論文でも積極的に活用していきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました