「看板に偽りなし」の意味と例文

商売上のうたい文句で「看板に偽りなし」という表現を目にすることがありますよね。日常でたまに聞く慣用句です。それでは具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「看板に偽りなし」の意味と例文を紹介していきます。

「看板に偽りなし」の読み方

読み方:かんばんにいつわりなし
「看板に偽りなし」の「偽り」は「いつわり」と読みます。「看板に偽りなし」はこの形で慣用句になっているため、その他のバリエーションはありません。

「看板に偽りなし」の意味

意味:外見と中身が一致していることや発する言葉と実際の行動が一致していること
「看板に偽りなし」は看板や見本として掲げられている通りの物を売っていることから由来していると言われています。そこから、外見と中身が一致していることや言うことを行動が一致していることを「看板に偽りなし」というようになったと言われます。

「看板に偽りなし」の例文

例文1:看板に偽りなしという信用を得ないと長く商売は続けられない。
例文2:A社のオレンジジュースは看板に偽りなしという感じで100%の果実の味わいを楽しめる。
例文3:東大を出た彼は、まさに看板に偽りなしで適切なソリューションでスピーディーに仕事をコントロールしている。
例文4:有名ミートショップの監修したハンバーグは、さすがに看板に偽りなしで素材の良さが味わえるものになっていた。
例文5:実際に店舗に足を運んだら、看板に偽りなしの安さを実感することができた。

「看板に偽りなし」をうまく用いる

「看板に偽りなしの~」などの表現で「看板に偽りなし」はよく使われます。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました