「五十歩百歩」は読み方に注意! 「五十歩百歩」の意味と例文も

何かを批評するときなどに「五十歩百歩」なんて表現を使うことがよくありますよね。「五十歩百歩」は現代でも通用する故事成語です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「五十歩百歩」の意味と例文を紹介していきます。

「五十歩百歩」の読み方

読み方:ごじっぽひゃっぽ
「五十歩百歩」は「ごじゅっぽひゃっぽ」ではなく「ごじっぽひゃっぽ」と読みます。「五十歩百歩」はこの形で故事成語になっているため、その他のバリエーションはありません。類語は「大同小異」「どんぐりの背比べ」「似たり寄ったり」などがあります。

「五十歩百歩」の意味

意味:大差がないこと
「五十歩百歩」は、中国戦国時代の儒学者・孟子の『梁恵王上句』の「五十歩百歩」のエピソードに由来すると言われています。戦闘の時、ある兵は百歩、別の兵は五十歩逃げました。五十歩の兵が百歩の兵に自分に比べて勇気がないと笑ったところ、王は逃げた事実は一緒で変わりがないと言い放ちます。孟子はそれを隣国と比較して争っているのも本質的には同じことだと王に説いたという故事です。そこから、「五十歩百歩」は大差ないというときに使われる故事成語となったと言われています。

「五十歩百歩」の例文

例文1:2人は共に赤点で、私からいわせれば五十歩百歩な点数だった。
例文2:100g痩せたからといって、見た目は五十歩百歩で成果は感じられない。
例文3:授業中、寝ていた彼もらくがきをしていた彼女もどちらも五十歩百歩で、いい態度とは言えない。
例文4:A社のクルマもB社のクルマも走破力は五十歩百歩でそんなに違いがあるとは思えない。
例文5:どちらのコンビニも品ぞろえは五十歩百歩だ。

「五十歩百歩」をうまく用いる

「五十歩百歩」は日常でよく使われる故事成語です。「どんぐりの背比べ」や「似たり寄ったり」などを表現する言葉として使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました