「株を守りて兎を待つ」の意味と例文

「株を守りて兎を待つ」はあまり耳にする機会がないかもしれません。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「株を守りて兎を待つ」の意味と例文を紹介していきます。

「株を守りて兎を待つ」の読み方

読み方:かぶをまもりてうさぎをまつ
「株を守りて兎を待つ」の「株」は「しゅ」ではなく「かぶ」と読みます。また「兔」は「と」ではなく「うさぎ」と読みます。「株を守りて兎を待つ」はこの形でことわざになっているので、その他のバリエーションはありません。類語は「柳の下にいつもどじょうはいない」「船に刻みて剣を求む」「守株」などがあります。

「株を守りて兎を待つ」の意味

意味:一度成功したからといって、いつでもうまくいくとは限らないということ
「株を守りて兎を待つ」は戦国時代の『韓非子』「五蠹」の「守株」のエピソードから由来したと言われています。宋の時代、農民が畑を耕していたところ走ってきた兎がたまたま切り株に当たり命を落としたのをきっかけに、それ以降畑を耕すよりも切り株に兎が当たることを待つようになります。ですが、そんな偶然はなかなか起こらず、農民の畑は荒れ果てて笑い者になってしまいました。この「守株」のエピソードから「株を守りて兎を待つ」ということわざができたと言われています。

「株を守りて兎を待つ」の例文

例文1:いつまでも株を守りて兎を待つという姿勢だと出世はできないぞ。
例文2:この方法でうまくいったからといって、株を守りて兎を待つではいけないよ思う。
例文3:父は株を守りて兎を待つで成功したやり方をなかなか改めようとはしない。
例文4:株を守りて兎を待つで、一度成功体験をしてしまうとなかなかそこから脱却できない。
例文5:株を守りて兎を待つという考えで変化を嫌っていたら時代に取り残されるよ。

「株を守りて兎を待つ」をうまく用いる

「株を守りて兎を待つ」はうまく使うと文を引き立てることわざとなります。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました