「腹が据わる」の意味 「胆が据わる」「肝が据わる」などの例文

「腹が据わる」は日常でもよく使われる慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「腹が据わる」の意味や「胆が据わる」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「腹が据わる」の読み方

読み方:はらがすわる
「腹が据わる」の「腹」は「ふく」ではなく「はら」と読みます。「据わる」は「座る」ではなく、「据わる」と書きます。「腹が据わる」は「胆が据わる」「肝が据わる」などのバリエーションがあります。「胆が据わる」の「胆」「肝」は「たん」ではなく「きも」と読みます。

「腹が据わる」の意味

意味:覚悟ができて物事に動じなくなり落ち着いた状態になること
「腹が据わる」の「据わる」はどっしりと落ち着いている意味で、「腹」や「胆」「肝」は体の内臓などの体の中心部分を意味することから、「腹が据わる」は覚悟ができてどっしりと落ち着くことを意味するようになったと言います。

「腹が据わる」の例文の例文

例文1:彼はいつも腹が据わっているので、世界の舞台でも動じることなく自分の力を発揮できる。
例文2:腹が据わってくると、どんなに大変なことでも淡々とこなせるようになる。

「胆が据わる」の例文

例文1:息子は意外と胆が据わっているので、知らない人の中でもうまくやっていくだろう。
例文2:全く胆が据わっていないから、ちょっとしたことですぐ不安になってしまう

「肝が据わる」の例文

例文1:彼はまったく英語ができないのに、肝が据わっているからか平気で外国人に話しかけてしまう。
例文2:肝が据わっている武人は凶暴な動物の前でも全く動じない。

「腹が据わる」をうまく用いる

「腹が据わる」「胆が据わる」「肝が据わる」は日常でよく使われる慣用句です。どれも同じような用法となるので、論文・小論文でも正しく使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました