「独壇場」の意味と例文

「独壇場」は記事などでもよく見かける慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「独壇場」の意味と例文を紹介していきます。

「独壇場」の読み方

読み方:どくだんじょう
「独壇場」は「どくだんじょう」と読みます。「独壇場」はこの形で慣用句になっているため、その他のバリエーションはありません。

「独壇場」の意味

意味:その人が思った通りに活躍できる場面、一人舞台
「独壇場」は元は「独擅場」という字を書き、「どくせんじょう」と読んだと言われています。「擅」は「ほしいままにする」という意味ですが、馴染みのない漢字のため「壇」の「舞台」という意味が「一人舞台」という「独壇場」の意味になったと言われています。

「独壇場」の例文

例文1:何か余興をすれば、マジックの得意な彼の独壇場で、すっかりみんなを虜にしてしまう。
例文2:会議はいつも社長の独壇場となってしまうので参加するのも気が重い。
例文3: メイクの話になるとすっかり彼女の独壇場になってしまう。
例文4:人気スターのサプライズな登場で、コンサート会場はすっかり彼の独壇場となってしまった。
例文5:彼の独壇場となってしまうのを何としてでも阻止しなければいけない。

「独壇場」をうまく用いる

「独壇場」は日常でよく使われる慣用句です。どんな風に使うべきかは例文をよく見て正しく理解しておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました