「一念発起」の意味と例文

「一念発起」は日常によく使われる四字熟語です。具体的にはどのように使ったらいいでしょう。ここでは「一念発起」の意味と例文を紹介していきます。

「一念発起」の読み方

読み方:いちねんほっき
「一念発起」はこの形で四字熟語になっているため、その他のバリエーションはありません。

「一念発起」の意味

意味:思い立ってあることを成し遂げようと強く決心すること
「一念発起」は仏教の「一念発起菩提心」から来ていると言われています。神仏や高僧などの優れた者を信じ寄りすがり、悟りを得ようと一心に願うことを意味します。「一念」には深く思いつめた気持ちの意味、「発起」には「仏道を信じ、悟りを開こうと強く決意する」という意味があります。

「一念発起」の例文

例文1:大学に入ったのを機に、一念発起して一人暮らしをすることにした。
例文2:自分の力を試そうと一念発起で海外留学を計画した。
例文3:これからの時代を見据えて、一念発起で海外に事業の拠点を移した。
例文4:コロナ禍を機に一念発起してずっと夢見ていた田舎暮らしを始めた。
例文5:一念発起して、仕事を辞め友人と起業することにした。

「一念発起」をうまく用いる

「一念発起」は日常でもよく聞かれる四字熟語です。使い方としては「一念発起して」や「一念発起で」という後に言葉を続けていくパターンが多いですね。論文・小論文でもきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました