「意気投合」の意味と例文

「意気投合」は日常でよく使われる四字熟語です。ですが、実際にはどうやって使えばいいでしょうか。ここでは「意気投合」の意味と例文について紹介していきます。

「意気投合」の読み方

読み方:いきとうごう
「意気投合」の「意気」は「いけ」ではなく「いき」と読みます。今の「粋」の漢字を表す元になっている言葉です。類語には「情意投合」がありますが、「投合」は一般に「意気投合」「情意投合」ぐらいでしか使われません。

「意気投合」の意味

意味:互いの心や考えが一致して気が合うこと
「意気投合」の「意気」は意気込みなどのやり遂げる積極的な気持ち、「投合」は気持ちがぴったり合うことを意味します。友情や恋愛、仕事や性格などの相性の良さなど比較的広い範囲で使える慣用句です。

「意気投合」の例文

例文1:初めて会ったのに、すぐ意気投合して一緒に飲みにいった。
例文2:意気投合した勢いで2人で起業をしたのがこの会社の始まりだ。
例文3:知らない人ばかりで心配というけれど、同じ趣味の人はすぐに意気投合できるからきっと大丈夫だよ。
例文4:同じ研究をしている人と意気投合して夜通し話し込んでしまった。
例文5:いくら意気投合したからといって、初対面の人をいきなり家に泊めるのは賛成できないな。

「意気投合」をうまく用いる

「意気投合」は日常でよく使われる四字熟語です。この言葉一つで互いの心や考えが一致して気が合う様子を表現できます。論文・小論文で用いることができるように意味をよく理解しておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました