「心に刻む」の意味 「心に刻んで」「心に刻んだ」などの例文

「心に刻む」は日常でもよく使われる慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「心に刻む」の意味や「心に刻んで」「心に刻んだ」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「心に刻む」の読み方

読み方:こころにきざむ
「心に刻む」の「心」は「しん」ではなく「こころ」と読みます。「心に刻む」は「心に刻んで」などのバリエーションがあります。類語は「肝に銘じる」「胸に刻む」などがあります。

「心に刻む」の意味

意味:しっかりと覚えておく
「心に刻む」は忘れたくないシーンや言葉などをしっかりと覚えておくために心の奥底に刻印のように記憶することです。

「心に刻む」の例文

例文1:コーチの忠告を深く心に刻むべきだったのに、ついつい忘れてルールを破ってしまった。
例文2:株価の暴落は心に刻むべき教訓となった。

「心に刻んで」の例文

例文1:先生の言葉を心に刻んで頑張っていきたいと思います。
例文2:今回のことは教訓としてしっかり心に刻んでおきたい。

「心に刻んだ」の例文

例文1:彼の恩を心に刻んだ。
例文2:その歴史的瞬間を私はしっかり心に刻んだ。

「心に刻む」をうまく用いる

「心に刻む」は「心に刻んで」「心に刻んだ」などバリエーションで文を作ることができます。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました