「手前味噌」の意味と例文

「手前味噌」は日常でもよく使われる慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「手前味噌」の意味と例文を紹介していきます。

「手前味噌」の読み方

読み方:てまえみそ
「手前味噌」はこの形で慣用句になっているため、その他のバリエーションはありません。類語は「自画自賛」などがあります。

「手前味噌」の意味

意味:自慢すること
「手前味噌」は昔の日本の食生活に由来します。昔の日本では、味噌は各家庭で手作りしており、それぞれの家庭の味が確立していました。そこで、自家製の味噌を自慢をするときに、自分のことを表す「手前」を使って、「手前味噌」と言ったところから、広く自慢をするときにこの言葉が使われるようになったと言われています。

「手前味噌」の例文

例文1:手前味噌ながら、娘はバイオリンコンクールで優勝した経験もあります。
例文2:手前味噌ながら、私は有名大学を卒業しています。
例文3:手前味噌ながら、我が社のワクチンは今世界中で使われています。
例文4:手前味噌ながら、我が社のシステムエンジニアは海外留学経験者ばかりです。
例文5:手前味噌ながら、息子は5歳にして英語が堪能です。

「手前味噌」をうまく用いる

「手前味噌」は日常でよく使われる慣用句です。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました