「雨が降ろうが槍が降ろうが」の意味と例文

「雨が降ろうが槍が降ろうが」は日常でもよく使われる慣用句です。では、実際はどんな場面で使えばいいでしょうか。ここでは「雨が降ろうが槍が降ろうが」の意味や例文を紹介していきます。

「雨が降ろうが槍が降ろうが」の読み方

読み方:あめがふろうがやりがふろうが
「雨が降ろうが槍が降ろうが」は「雨が降っても槍が降っても」「火が降っても槍が降っても」などのバリエーションがある慣用句です。

「雨が降ろうが槍が降ろうが」の意味

意味:雨が降ったり矢が降ったりという困難はあっても、なんとしてでもという決意を表す
「雨が降ろうが槍が降ろうが」の「雨が降ろうが」は普通にありえる困難を表していて、「槍が降ろうが」は空から槍が降ってくることはないので、普通にはあり得ない困難を表しています。そのどちらであってもなんとしてでもやるという決意の意味で使われています。ちなみに、槍と矢を間違えることが多くありますが、矢は空から降ってくることがあるため、「槍」が正しくなります。

「雨が降ろうと、槍が降ろうと」の例文

例文1:恋人が待っているから雨が降ろうが槍が降ろうが待ち合わせ場所に行かなければならない。
例文2:雨が降ろうが槍が降ろうがオリンピックは開催する。
例文3:君が困っていたら雨が降ろうが槍が降ろうがいつでも飛んでいくよ。
例文4:雨が降ろうが槍が降ろうが、私は必ず明日の入社試験を受けに行きます。
例文5:私は雨が降ろうが槍が降ろうがあきらめずに仕事をやり遂げる。

「雨が降ろうが槍が降ろうが」をうまく用いる

「雨が降ろうが槍が降ろうが」は日常によく聞かれる慣用句です。いくつかバリエーションがあるので、それぞれきちんと覚えて論文・小論文でも使っていきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました