「息が切れる」の意味「息が切れた」「息切れ」などの例文

「息が切れる」は日常によく使われる慣用句です。ですが、実際のシーンではどう使えばいいのでしょうか。ここでは、「息が切れる」の意味や「息が切れた」「息切れ」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「息が切れる」の読み方

読み方:いきがきれる
「息が切れる」の「息」は「そく」と読まず「いき」と読みます。「息が切れる」は比較的バリエーションが多く、「息が切れた」「息切れ」「息が切れそう」などがあります。

「息が切れる」の意味

意味:激しい動きで息が続かないことや、長く物事をし続けられないことを指す
「息が切れる」は実際に呼吸が大変で息が続かないことを示す場合や、息が切れて立ち止まってしまう人間を例えて、長く物事をし続けられないことを示す場合などに使われます。

「息が切れる」の例文

例文1:まだスタートしたばかりなのに、ここで息が切れるのはいくらなんでも早いだろう。
例文2:まだ力が余っているなら、息が切れるくらいに全力投球してごらん。

「息が切れた」の例文

例文1:一気に階段を駆け上がったら、息が切れた。
例文2:政策効果も息が切れたようで、景気の悪さが表面化してきた。

「息切れ」の例文

例文1:張り切りすぎて、開催前にすっかり息切れしてしまった。
例文2:経済成長が息切れしないうちに、減税を打ち出しておかないといけない。

「息が切れる」をうまく用いる

「息が切れる」は日常でもよく使われる慣用句です。「息が切れるくらいに」とか「すっかり息切れしてしまった」などのフレーズは聞いたことがあるでしょう。使いやすい慣用句でもあるので、論文・小論文でも積極的に使っていきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました