「顔向けができない」の意味 「顔向けできない」などの例文

「顔向けができない」は日常でもよく使われる慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「顔向けができない」の意味と「顔向けできない」を含む例文を紹介していきます。

「顔向けができない」の読み方

読み方:かおむけができない
「顔向けができない」はこの形で慣用句になっているため、その他のバリエーションはありません。類語は「合わせる顔がない」などがあります。

「顔向けができない」「顔向けできない」の意味

意味:申し訳ない気持ちで相手に会うのが辛いこと
「顔向けができない」は恥ずかしい思いや申し訳ないという感情が強すぎて、相手の目を見ることすらはばかられるというところが由来して「顔向けができない」という言葉になったと言われています。

「顔向けができない」の例文

例文1:せっかく祝福してもらったのに離婚することになって、親には顔向けができない。
例文2:さんざん勉強を教えてもらったのに、大学入試に失敗してしまって家庭教師の先生には顔向けができない。
例文3:部下にミスを押し付ける形になってしまい、とても顔向けができない。

「顔向けできない」の例文

例文1:顔向けできないと思っていたので、もう何年も祖母の家には行っていない。
例文2:自分の勘違いでみんなに迷惑をかけてしまいとても顔向けできない状況だ。
例文3:嘘を教えてしまったために恥をかかせてしまって、とても彼には顔向けできない。

「顔向けができない」をうまく用いる

「顔向けができない」「顔向けできない」は日常でよく使われる慣用句です。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました