「気を落とす」の意味 「気を落とさず」などの例文

生活の中で誰しもが「気を落とす」ようなことはありますよね。「気を落とす」はよく使われる慣用句ですが、具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「気を落とす」の意味や「気を落とさず」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「気を落とす」の読み方

読み方:きをおとす
「気を落とす」の「気」は「け」ではなく「き」と読みます。「気を落とす」は「気を落とさず」などのバリエーションがあります。

「気を落とす」の意味

意味:物事がうまく進まずがっかりすること
「気を落とす」の「気」は気持ちのことを意味します。「気を落とす」は気持ちを落とすというところから、がっかりするという意味になったと言われています。

「気を落とす」の例文

例文1:そんな小さなことでいちいち気を落とすな。
例文2:遠足延期の件で、息子が気を落としているかと思ったら意外と気にしていない様子だった。
例文3:急な仕事で約束していたデートにいけなくなって、今頃彼女は気を落としていることだろう。

「気を落とさず」の例文

例文1:大学受験に失敗してしまったが、気を落とさずに別の進路を見つけるべきだろう。
例文2:ちょっとしたミスでも気を落とさず、どんどんチャレンジしよう。
例文3:一度負けても、まだまだ試合はあるので、気を落とさずに前向きにがんばりましょう。

「気を落とす」をうまく用いる

「気を落とす」は日常でよく使われる慣用句です。「気を落とさずに前向きにがんばりましょう」など前向きな表現でも使えます。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました