「気を許す」の意味 「気を許した」「気を許して」などの例文

「気を許す」はポピュラーな慣用句です。ここでは「気を許す」の意味や「気を許した」「気を許して」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「気を許す」の読み方

読み方:きをゆるす
「気を許す」は「気を許した」「気を許して」などのバリエーションがあります。

「気を許す」の意味

意味:相手に対する警戒心を解いて緊張を緩めること
「気を許す」の「気」は気持ちを意味するので、「気を許す」は気持ちを許すと言うことを意味します。

「気を許す」の例文

例文1:ライバルに対してそんなに簡単に気を許すな。
例文2:気を許すとうちの犬はシッポを振ります。

「気を許した」の例文

例文1:営業マンに気を許した途端、高額商品を買わされそうになった。
例文2:気を許した相手だったのに、決まった彼女がいてたなんてショックだ。

「気を許して」の例文

例文1:優しい先生だからとついつい気を許して洗いざらい話してしまったら、職員会議にかけられてしまった。
例文2:家に来た猫がようやく気を許してくれたようで、膝の上に乗ってくれた。

「気を許す」をうまく用いる

「気を許す」は「気を許した」「気を許して」なども含めて日常でよく使われます。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました