「早起きは三文の徳」の意味 「朝起きは三文の徳」などの例文

「早起きは三文の徳」は日常でもよく使われることわざです。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「早起きは三文の徳」の意味と例文や「朝起きは三文の徳」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「早起きは三文の徳」の読み方

読み方:はやおきはさんもんのとく

「朝起きは三文の徳」の読み方

読み方:あさおきはさんもんのとく
「早起きは三文の徳」の「早起き」は「速」ではなく「早」の漢字を使います。また、「早起き」でも「朝起き」でもどちらでも構いません。「三文」は「さんぶん」ではなく「さんもん」と読みます。「早起きは三文の徳」は「朝起きは三文の徳」などのバリエーションがあります。

「早起きは三文の徳」「朝起きは三文の徳」の意味

意味:早く起きるとわずかだが何かいいことがあるということ
「早起きは三文の徳」の「三文」は一文銭三枚のことを表していて、ごくわずかなものを表します。「早起きは三文の徳」と「朝起きは三文の徳」は同じ意味です。

「早起きは三文の徳」の例文

例文1:朝ジョギングをするようになったら身体のみならず頭も冴えるようになってきたので早起きは三文の徳だと実感した。
例文2:早起きは三文の徳というくらいだから、夜更かしするより1時間早く起きて時間を有効に活用していくほうがいいだろう
例文3:早起きは三文の徳ということはわかっているけれど、疲れている時はやっぱり休養する方が大事だ。

「朝起きは三文の徳」の例文

例文1:朝ゆっくりとおいしいコーヒーを飲めるだけで、朝起きは三文の徳だと感じる。
例文2:朝起きは三文の徳を実感したいのになかなか早く起きることができない。
例文3:朝起きは三文の徳というけれど、慢性的な睡眠不足の私は少しでも長く寝ていたいと思う。

「早起きは三文の徳」「朝起きは三文の徳」をうまく用いる

「早起きは三文の徳」は日常でよく使われることわざです。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました