「膝を打つ」の意味 「膝をたたく」などの例文

「膝を打つ」は日常でもよく使われる慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「膝を打つ」の意味や「膝をたたく」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「膝を打つ」の読み方

読み方:ひざをうつ

「膝をたたく」の読み方

読み方:ひざをたたく
「膝を打つ」の「膝」は「ひざ」と読みます。「膝をたたく」の「たたく」漢字で「叩く」と書いても構いません。「膝を打つ」は「膝をたたく」などのバリエーションがあります。

「膝を打つ」の意味

意味:膝をポンと叩く動作で、何か気づいたり感心したりするときに使う
「膝を打つ」は何かを思いついたときや、深く感心したときに人が思わずとる動作で、自分の膝を叩く動作が由来となっています。

「膝を打つ」の例文

例文1:返済計画の妙案に思わず膝を打った。
例文2:彼の推理は思わず膝を打つような鋭さがあった。
例文3:今度はぜひ思わず膝を打つようなプランを持ってきてくれたまえ。

「膝をたたく」の例文

例文1:誰しもが膝をたたいて納得するような妙案を思いついた。
例文2:誰もが膝をたたくようなプレゼンをしたいと思う。
例文3:先生はいきなり膝をたたいてメモに何かを書きなぐった。

「膝を打つ」をうまく用いる

「膝を打つ」は日常でよく使われる慣用句です。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました