能力をいかす 「活かす」「生かす」のどっちが正しい? 

論文・小論文の中で、「いかす」という言葉はよく使われますが、どの場合にどの漢字を使えばいいのか悩むもののひとつです。「活かす」「生かす」のどちらも対義語は「殺す」なので、似たような意味の漢字ではありますが、ここでは、「活かす」「生かす」のそれぞれの意味の違いや例文について解説していきます。

「活かす」と「生かす」の違い

活かす(いかす)
意味:有効利用する。
「活かす」は人が持っている能力や知識・経験などを活用する・利用するなど、物事が効果的に作用している場面を指す意味で使われます。「活躍」などの目覚ましく活動するニュアンスもあります。常用外漢字なので、限られた場面でしか使えません。
生かす(いかす)
意味:生命を維持する。
「生かす」は命に強く関係する言葉で、命を維持させるという意味で使われます。一度死んだものをいきかえらせる、死なないように命を長らえさせるなど、自身の手で、対象となるものを長生きさせるというニュアンスでも使われます。常用漢字なので広くどんな時でも使えます。

能力をいかすは「活かす」「生かす」のどちらも正しい

「能力をいかす」の「いかす」は本来「活用する」というニュアンスなので、「活かす」と書きますが、「活かす」は常用外漢字のため、多くの公文書では「生かす」として使われています。そのため、能力をいかすというときの「いかす」はどちらを使っても正解とされています。

「活かす」の例文

例文1:留学した経験を活かして、是非御社で活躍させていただきたいと思います。

経験と生命維持は関係のない言葉のため、ここでは「活用する」という意味の「活かす」を使います。「反省を活かす」「素材を活かす」なども同じく「活かす」を使います。

例文2:元のニュアンスを活かして、文章の添削をしていく。

ここでの「活かす」は「利用する」が転じて「復活する」というニュアンスもあります。もとの文字のニュアンスを復活させて、別の文章に直していくということになります。

「生かす」の例文

例文1:魚をいけすの中で生かしておく。

この「いかす」は命に関係する問題なので、「生かす」が正解です。自身が対象の命の長さを握っているというニュアンスになります。

例文2:多くの人の献血によって生かされた命だからこそ、今後の人生は人のためになる仕事につきたい。

この「生かす」は「生かされる」と受け身なので、この場合は、自身が対象の命の長さを握るのではなく、他人の力によって命を長らえてもらったということになります。

論文・小論文で「活かす」「生かす」を使い分ける視点

「活かす」「生かす」はいちおう区別があるものの、意味がほぼ同じ漢字でもあります。また、常用漢字には「生かす」が使われているため、多くの文章の中では「利用する」という意味合いでも「生かす」を使っているものが多く見られます。そんなところから、厳密に区別されているかというとそうともいけないところがあります。そこで、論文・小論文では、迷ったら「生かす」を書いておくほうがいいでしょう。意味が違っていても間違いにはなりません。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました