「頭を冷やす」の意味 「頭を冷やして」などの例文

「頭を冷やす」は日常でよく使われる慣用句ですが、使い方を間違えると慣用句にならない言葉でもあります。実際にはどのように使えばいいでしょうか。ここでは「頭を冷やす」の意味や「頭を冷やして」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「頭を冷やす」の読み方

読み方:あたまをひやす
「頭を冷やす」は日常によく使われる慣用句ですが、「頭を冷やしてどうこうする」と使うことが多いため、「頭を冷やして」という形で使うことが多い慣用句です。ですが、基本的には「頭を冷やす」の形で使われる慣用句のため、「頭が冷える」「頭が冷えた」など形を大きく崩したバリエーションで使うと慣用句でなくなってしまうため注意が必要です。また、「頭を冷やす」自体も氷で頭を冷やすなど物理的に頭痛などで頭を冷やすときにも使える言葉なので、慣用句で使うときには慣用句ときちんとわかるように文脈に気を付ける必要があります。

「頭を冷やす」の意味

意味:高ぶった感情を抑えて冷静になること
「頭を冷やす」は感情が高ぶると頭に血が上るので、上った血を冷やして冷静になるというところから「頭を冷やす」という慣用句になったと言われています。

「頭を冷やす」の例文

例文1:興奮状態では冷静な判断は難しくなるので、一旦頭を冷やすことも必要でしょう。
例文2:一晩たったので頭を冷やす時間は十分あっただろう。
例文3:とにかく頭を冷やすようにと1日休みを言い渡された。

「頭を冷やして」の例文

例文1:少しガミガミ怒りすぎたかもしれない、反省して頭を冷やしてくる。
例文2:彼に会う前に頭を冷やして落ち着こうと思ったのでカフェに寄った。
例文3:君は少し頭を冷やして周囲を見渡してみたほうがいいのではないだろうか。

「頭を冷やす」をうまく用いる

「頭を冷やす」は日常でよく使われる慣用句です。ですが、慣用句でなく使える言葉でもあるため、使い方には気を付けましょう。論文・小論文でも慣用句として使うときには文脈に気を付けて使うようにしましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました