「顎が落ちる」の意味と例文

慣用句の「顎が落ちる」は最近では日常であまり使われることがなくなりましたが、文中で使う時はどのように使ったらいいのでしょうか。ここでは「顎が落ちる」の意味と例文を紹介していきます。

「顎が落ちる」の読み方

読み方:あごがおちる
「顎が落ちる」は「頬が落ちる」と同じ意味で使われます。「頬が落ちる」「ほっぺたが落ちる」はよく使いますが、「顎が落ちる」はあまり使わなくなりましたね。

「顎が落ちる」の意味

意味:食べ物の味がとても美味しいこと
「顎が落ちる」はおいしいから口いっぱいほおばって顎が落ちるという意味合いがあるため、飲み物には使われることがありません。「顎が外れた」と混同しやすいので気を付けましょう。

「顎が落ちる」の例文

例文1:妻の手料理のあまりのおいしさに顎が落ちる。
例文2:このケーキは顎が落ちるほどのおいしさだ。
例文3:この麻婆豆腐は隠し味を使っているらしく、顎が落ちるほどおいしい。
例文4:顎が落ちるほどのおいしさだと評判のギョーザが売っていた。
例文5:一口食べただけで顎が落ちると思うよ。

「顎が落ちる」をうまく用いる

「顎が落ちる」は最近ではあまり使わなくなった慣用句です。ですが、まだまだ食品メーカーではキャッチフレーズなどで使われている言葉でもあるので、論文・小論文で使う時はきちんとした使い方ができるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました