「気が早い」の意味 「気が早かった」「気の早い話ですが」などの例文

普通の会話でも「気が早い」はよく使われます。一般的な慣用句ですね。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「気が早い」の意味や「気が早かった」「気が早く」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「気が早い」の読み方

読み方:きがはやい
「気が早い」の「気」は「け」ではなく「き」と読みます。「気が早い」はこの形で慣用句になっているため、その他のバリエーションはありません。

「気が早い」の意味

意味:せっかちに急いで物事を先に進めようとすること
「気が早い」の「気」は気持ちを意味するので、「気が早い」は「気持ちが早い」ということで急いで物事を先に進めようとする気持ちを表します。

「気が早い」の例文

例文1:気が早い息子は、まだ夏なのに今からサンタクロースに何をプレゼントしてもらうか考えている。
例文2:まだ朝なのに、気が早い私はもう夜ご飯の準備を始めている。

「気が早かった」の例文

例文1:1時間も早く到着してしまった。少し気が早かったかな。
例文2:合図の前に飛び出してしまうなんて少し気が早かったかもしれない。

「気の早い話ですが」の例文

例文1:気の早い話ですが、宝くじを買ったその日に当たった時の使い道について悩んでいます。
例文2:気の早い話ですが、二十代にしてもうエンディングノートを書いています。

「気が早い」をうまく用いる

「気が早い」は日常でよく使われる慣用句です。「気が早かった」「気の早い話ですが」などの多様な表現もありますので、論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました