「清水の舞台から飛び降りる」の意味と例文

「清水の舞台から飛び降りる」は日常でもよく使われることわざです。ただ「清水の舞台?(どこ?)」「飛び降りる?(なぜ?)」と言った感じでこの言葉だけでは意味合いは見えてきません。ここでは「清水の舞台から飛び降りる」の意味と例文を紹介していきます。

「清水の舞台から飛び降りる」の読み方

読み方:きよみずのぶたいからとびおりる
「清水の舞台から飛び降りる」の「清水」は「しみず」ではなく「きよみず」と読みます。「清水の舞台から飛び降りる」はこの形でことわざになっているため、その他のバリエーションはありません。

「清水の舞台から飛び降りる」の意味

意味:一か八か思い切って大きな決断をすること
「清水の舞台から飛び降りる」の「清水」は京都にある清水寺が由来になっています。清水寺は崖に作られた舞台があり、当時その舞台から飛び降りると成仏できると言われていて、飛び降りる人が絶えなかったということがあったそうです。そこで、「清水の舞台から飛び降りる」は一か八か思い切って大きな決断をすることという意味になったと言われています。

「清水の舞台から飛び降りる」の例文

例文1:清水の舞台から飛び降りるつもりで新しい会社に転職することにした。
例文2:高いブランドのバッグだったが、清水の舞台から飛び降りる思いで買うことにした。
例文3:清水の舞台から飛び降りるような思いで馬券にボーナスをつぎ込んだ。
例文4:イチかバチか清水の舞台から飛び降りる思いで彼女にプロポーズした。
例文5:妻にせかされて清水の舞台から飛び降りる思いで35年ローンの家を買った。

「清水の舞台から飛び降りる」をうまく用いる

京都にある清水寺の写真を見てみると「清水の舞台から飛び降りる」の言葉の意味が少し浸透してくるかもしれません。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました