「手を下す」の意味 「手を下した」「手を下せ」などの例文

「手を下す」は日常でもよく使われる慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「手を下す」の意味や「手を下した」「手を下せ」などのバリエーションでの例文を紹介していきます。

「手を下す」の読み方

読み方:てをくだす
「手を下す」の「下す」は「おろす」ではなく「くだす」と読みます。「手を下す」は「手を下した」「手を下せ」などのバリエーションがあります。

「手を下す」の意味

意味:直接自分で物事を行うこと

「手を下す」の例文

例文1:この件で手を下すなら早い方がいいだろう。
例文2:自ら汚職に手を下すなんてサラリーマンとしては最低だ。

「手を下した」の例文

例文1:この殺人は犯人が直接手を下したものだろう。
例文2:実際に手を下した人が誰なのかを追及する。

「手を下せ」の例文

例文1:私が直接手を下せるならよかったのだが、もう今となってはどうしようもない。
例文2:直接君が手を下せないというのならこちらにも考えがある。

「手を下す」をうまく用いる

「手を下す」は日常でよく使われる慣用句です。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました