「目の保養」の意味と例文

「目の保養」という表現は広く使われる慣用句です。テレビドラマやマンガのセリフの中にも出てきたりしますよね。それでは具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「目の保養」の意味と例文を紹介していきます。

「目の保養」の読み方

読み方:めのほよう
「目の保養」の「目」は「もく」ではなく「め」と読みます。また「保養」は「「ほよう」と読みます。「目の保養」はこの形で慣用句になっているため、その他のバリエーションはありません。

「目の保養」の意味

意味:美しい物や景色を見て楽しむこと
「目の保養」の「保養」は体や心を休ませて元気を取り戻すことを意味します。ここから「目の保養」目で見た情報によって心の健康を得るということを意味します。

「目の保養」の例文

例文1:アイドルグループのステージを直に観ることができてとても目の保養になった。
例文2:目の保養と思って宝石展に行ってみよう。
例文3:かわいい孫たちが遊ぶ姿を見ることができてとても目の保養になった。
例文4:ちょうど桜の季節だし目の保養に行ってみよう。
例文5:偶然にも色とりどりの野鳥を見ることができて思いがけず目の保養になった。

「目の保養」をうまく用いる

「目の保養」は日常でよく使われる慣用句です。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました