「石橋を叩いて渡る」の意味「石橋を叩いて渡れ」「石の橋も叩いて渡れ」「石橋を叩いて渡れば」などの例文

「石橋を叩いて渡る」は日常的によく使われることわざです。それでは具体的にどのようなシーンで使えばいいのでしょうか。ここでは「石橋を叩いて渡る」  の意味や「石橋を叩いて渡れ」「石の橋も叩いて渡れ」「石橋を叩いて渡れば」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「石橋を叩いて渡る」の読み方

読み方:いしばしをたたいてわたる
「石橋を叩いて渡る」の「石橋」は「せききょう」ではなく「いしばし」と読みます。「石橋を叩いて渡る」は「石橋を叩いて渡れ」「石の橋も叩いて渡れ」などと使われることもあります。「石橋をたたいて渡れば」などのバリエーションもありますが、「石橋を叩いて渡る」でひとつの形となっていることわざなので、大きく崩したバリエーションはありません。類語で「浅い川も深く渡れ」、対義語で「危ない橋を渡る」ということわざがあります。

「石橋を叩いて渡る」の意味

意味:用心に用心を重ねて慎重に物事を進めること
「石橋を叩いて渡る」は、昔の橋は木で作っていたため壊れることもありましたが、石橋は石でできた橋なので壊れることがないとみんな思っていました。ところが、用心深い人はそれでも叩いて壊れないことを確認してから渡ったというところから、用心深いという意味で使われるようになったと言われています。

「石橋を叩いて渡る」の例文

例文1:彼女は石橋を叩いて渡るタイプなので、きっと忘れものはしないだろう。
例文2:戦場では何が起こるかわからないので、石橋を叩いて渡るぐらいの慎重さがあるほうがいい。

「石橋を叩いて渡れ」の例文

例文1:新しいチャレンジをするつもりだったらよけいに石橋を叩いて渡れの精神が必要だ。
例文2:石橋を叩いて渡れと何度も言われていたのに、ついつい油断してしまった。

「石の橋も叩いて渡れ」の例文

例文1:必ず成功したいなら石の橋も叩いて渡れを肝に銘じよ。
例文2:もし必ず試験に合格したいと思っているのなら、石の橋も叩いて渡れの精神で何度も見直しすることを心がけよう。

「石橋を叩いて渡れば」の例文

例文1:石橋を叩いて渡ればきっと起業しても成功するよ。
例文2:ちょっとしたミスも石橋を叩いて渡れば防げるはずだ。

「石橋を叩いて渡る」をうまく用いる

「石橋を叩いて渡る」は日常でもよく使われることわざです。「石橋を叩いて渡る」「石橋を叩いて渡れ」「石の橋も叩いて渡れ」「石橋を叩いて渡れば」などのバリエーションの多さにも注目です。ことわざを使うことでその状況を瞬時に言い表せるので、論文・小論文でもきちんと理解して上手に使っていきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました