「一日千秋」の意味と例文

「一日千秋」は時に耳にすることもある四字熟語ですが、具体的にはどのような使い方をしたらいいのでしょう。ここでは「一日千秋」の意味と例文を紹介していきます。

「一日千秋」の読み方

読み方1:いちじつせんしゅう
読み方2:いちにちせんしゅう
「一日千秋」は「一日三秋」などのバリエーションがあります。類義語は「一日三秋」「一刻千秋」、対義語は「十年一日」となります。

「一日千秋」の意味

意味:とても待ち遠しいこと
「一日千秋」は中国の「一日三秋」(いちじつさんしゅう)という言葉が由来だと言われています。旧暦の秋は3ヶ月あったことから、「たった1日なのに秋が3度訪れたように長い」という意味で使われていました。中国では昔収穫が終わる秋を元にしていたため、「三秋」よりさらに長い時間の様子が伝わるため「一日千秋」と言う言葉が使われたと言われています。

「一日千秋」の例文

例文1:遠距離恋愛の彼と会える日を一日千秋の思いで待つ。
例文2:治水工事の完成を一日千秋の思いで待ち望む住民たちがいた。
例文3:ツアーの出発を一日千秋の思いで待っていたが、あいにく台風で中止となってしまった。
例文4:コロナ禍の中、留学に行ける日を一日千秋の思いで待った。
例文5:大学の合格発表を一日千秋の気持ちで待ちわびた。

「一日千秋」をうまく用いる

「一日千秋」はたまに耳にする言葉ですが、知っていると語彙力があると思われる四字熟語でもあります。「一日千秋の思い」というフレーズはよく目にしますよね。論文・小論文でもきちんと覚えて使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました