「完全無欠」の意味と例文

「完全無欠」は日常でもよく使われる四字熟語ですので、きっと耳にしたことがあるでしょう。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「完全無欠」の意味と例文を紹介していきます。

「完全無欠」の読み方

読み方:かんぜんむけつ
「完全無欠」の「無欠」は「ぶけつ」ではなく「むけつ」と読みます。「完全無欠」はこの形で四字熟語になっているため、その他のバリエーションはありません。類語は「完璧」などがあります。

「完全無欠」の意味

意味:完全で少しも欠点がないこと
「完全無欠」の由来は詳細が分かっていませんが、日本では明治時代の小説家であり政治家でもある植木枝盛の著書「尊人説」で使われているのが確認されている最古のものとされているようです。

「完全無欠」の例文

例文1:高学歴、高収入のイケメンなんて完全無欠な男はなかなかいないよ。
例文2:兄は成績も優秀で性格もいい完全無欠な存在だ。
例文3:完全無欠と自負する人ほど本当は弱みを抱えているものだ。
例文4:完全無欠なAIシステムによって人類が管理される時代がやってくるかもしれない。
例文5:完全無欠な人なんていないから、欠点のひとつやふたつ気にすることはない。

「完全無欠」をうまく用いる

「完全無欠」はよく見る四字熟語です。ただなかなか「完全無欠な存在」が世の中にはいないので、この表現を使うシーンは限られているかもしれませんね。論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました