「心が重い」の意味 「心が重く」などの例文

「心が重い」は日常でもあまり使われなくなった慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「心が重い」の意味と例文を紹介していきます。

「心が重い」の読み方

読み方:物事をするのに気が進まず億劫だということ
「心が重い」は「心が重く」などのバリエーションがあります。類語は「気が重い」などがあります。

「心が重い」の意味

意味:物事をするのに気が進まなくて 億劫であるということ

「心が重い」の例文

例文1:明日プレゼンがあるかと思うと心が重い。
例文2:あの時の失敗を思い出すと心が重い。
例文3:最近は思い悩むことが多くて心が重い。

「心が重く」の例文

例文1:心が重くなるなら無理してやらなくてもいい。
例文2:明日はきっと社長に怒られると思うと、心が重くて会社に行きたくない。
例文3:心が重くて辛くなるならやらなくてもいいよ。

「心が重い」をうまく用いる

「心が重い」は日常ではあまり使われなくなった慣用句です。その代わりに「気が重い」などの方が使用頻度が高そうですね。論文・小論文では正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました