「気が重い」の意味 「気が重くなる」「気が重そう」などの例文

「気が重い」は日常でもよく使われる慣用句です。具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「気が重い」や「気が重くなる」「気が重そう」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「気が重い」の読み方

読み方:きがおもい
「気が重い」の「気」は「け」ではなく「き」と読みます。「気が重い」は「気が重くなる」「気が重そう」などのバリエーションがあります。類語は「心が重い」、対義語は「気が軽い」などがあります。

「気が重い」の意味

意味:心配や負担を感じて行動する気が起こらないこと
「気が重い」の「気」は「気持ち」のことなので、「気が重い」は気持ちが重いことを意味します。

「気が重い」の例文

例文1:明日も上司がいるかと思うと気が重い一日になりそうだ。
例文2:またあの会社に営業に行かないといけないと思うと気が重い。

「気が重くなる」の例文

例文1:あの事件を思い出すといまだに気が重くなる。
例文2:事故のことを思い出すとショックでいまだに気が重くなる。

「気が重そう」の例文

例文1:突然プロジェクトリーダーを任された彼は気が重そうだ。
例文2:やたらとため息をつくので気が重そうに見える。

「気が重い」をうまく用いる

「気が重い」は日常でよく使われる慣用句です。様々なシーンで使われるので、論文・小論文でも正しく理解してきちんと使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました