「念を押す」の意味 「念を押して」「念押し」などの例文

「念を押す」は日常でもよく使われる慣用句です。「念を押して」「念押し」などバリエーションでも使われます。それではこの表現は具体的にどのように使えばいいでしょう。ここでは「念を押す」の意味や「念を押して」「念押し」などバリエーションを含めた例文を紹介していきます。

「念を押す」の読み方

読み方:ねんをおす
「念を押す」の「念」は「ねん」と読みます。また「押す」は「推す」ではなく「押す」の漢字を使います。「念を押す」は「念を押して」「念押し」などのバリエーションがあります。類語は「駄目を押す」などがあります。

「念を押す」の意味

意味:物事を確実なものにするため、繰り返し慎重に確認すること

「念を押す」は古来の日本建築に由来すると言われています。昔の建築物はほぞと穴を組み合わせ釘を使わずくさびを入れて固定していましたが、江戸時代から念のために釘を打つようになり、そこから「念を押す」という言葉が使われるようになったと言います。

「念を押す」の例文

例文1:何度も念を押すと、しつこいと嫌がられた。
例文2:念を押すなら別の言い方にしたほうが記憶に残るよ。

「念を押して」の例文

例文1:大事なことなので念を押してもう一度説明します。
例文2:先生があれだけ念を押していたのに、すっかり忘れてた。

「念押し」の例文

例文1:答案に名前を書き忘れないよう念押しておいた。
例文2:何度も念押ししたのに忘れられて腹がたった。

「念を押す」をうまく用いる

「念を押す」は日常でよく使われる慣用句です。「念を押して」「念押し」などいろいろな言い方があります。論文・小論文でも正しく使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました