「頭が痛い」の意味と例文

「頭が痛い」は悩みが多い時によく使う慣用句です。ですが、実際にはどのように使えばいいのでしょうか。ここでは「頭が痛い」の意味や例文を紹介していきます。

「頭が痛い」の読み方

読み方:あたまがいたい
「頭が痛い」はそれだけで一つの慣用句になっているので、「頭が痛む」「頭痛」などは別の意味となります。「頭が痛い」という形で覚えておきましょう。

「頭が痛い」の意味

意味:解決しにくい問題で常に悩んでいること
「頭が痛い」は慣用句でない場合は肉体的に頭が痛いという意味になりますが、慣用句になると精神的に考えることが多く、悩みの種があるという意味になります。慣用句でなくてもよく使われる言葉なので、慣用句なのかどうかを文脈から読み解く必要があります。

「頭が痛い」の例文

例文1:無断欠勤している社員がいることは頭が痛い問題だ。
例文2:あの手この手と考えているが、なかなか経営がうまくいかなくて頭が痛い。
例文3:新しい幼稚園に子供が馴染めず、毎朝登園を渋るので頭が痛い。
例文4:修学旅行費を苦しい家計からか捻出しなくてはならないので頭が痛い。
例文5:ゲノム編集が可能になるにつれ倫理の問題も複雑化してきて頭が痛い問題が山積みとなってきた。

「頭が痛い」をうまく用いる

「頭が痛い」は日常的によく使われる言葉です。慣用句でなくても使われる言葉のため、論文・小論文で慣用句として使う時には、慣用句だとわかるような言い回しを工夫する必要があります。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました