「息が詰まる」の意味 「息が詰まり」「息が詰まった」などの例文

「息が詰まる」は日常によく使われる慣用句です。それでは実際にはどんなシーンで使われることが多いのでしょう。ここでは「息が詰まる」の意味や「息が詰まり」「息が詰まった」などバリエーションでの例文を紹介していきます。

「息が詰まる」の読み方

読み方:いきがつまる
「息が詰まる」は「息が詰まり」「息が詰まった」などのバリエーションがありますが、基本的には「息が詰まる」の形でひとつの慣用句となっています。よく似た言葉で「息を詰める」というのがありますが「呼吸を止めて注意を集中する」という別の意味を持つため区別することが必要です。

「息が詰まる」の意味

意味:緊張しすぎたり、その場の雰囲気が重く感じたりして息が苦しくなること
「息が詰まる」は息苦しい状態を表します。

「息が詰まる」の例文

例文1:彼と一緒にいると息が詰まるので結婚はできないと思う。
例文2:上司は会えば説教ばかりで息が詰まる。

「息が詰まり」の例文

例文1:ずっと家にこもって勉強なんて息が詰まり続けられない。
例文2:気まずい相手と仕事のペアを組まされると息が詰まりそうだ。

「息が詰まった」の例文

例文1:決勝戦は接戦だったので見ていて息が詰まった。
例文2:会議室には上司と自分だけで、会話も続かず息が詰まった。

「息が詰まる」をうまく用いる

「息が詰まる」は日常でよく使われる慣用句です。「息を詰める」とは違う意味になるので使う際には気を付けましょう。論文・小論文でも上手に使えば様子をわかりやすく伝えられる慣用句でもあります。積極的に使っていきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました