「頭が下がる」の意味と例文

「頭が下がる」は日常によく使われる慣用句ですが、実際にはどのように使ったらいいでしょうか。ここでは「頭が下がる」の意味と例文を紹介していきます。

「頭が下がる」の読み方

読み方:あたまがさがる
「頭が下がる」は「あたまがさがる」と読みます。「頭が下がる」でひとつの慣用句となっているため、「頭を下げる」は同じ慣用句とはなりません。

「頭が下がる」の意味

意味:相手の行いや態度に感心し、尊敬すること
「頭が下がる」はお辞儀をするときに頭を下げる行為が由来とされています。「頭が上がらない」は対義語のように思われがちですが、罪悪感から相手に対等に振る舞うことができないことを意味するので、感心し尊敬する気持ちを表す「頭が下がる」とは意味が異なります。

「頭が下がる」の例文

例文1:自分を律して他人の役に立とうとする彼の態度には頭が下がる。
例文2:友人が日々陰で努力しているのを知って頭が下がる思いがした。
例文3:暑い中をこんな辺鄙なところまで歩いてきてくれてただただ頭が下がる思いです。
例文4:彼のいつも弱者に手を差し伸べようとする姿にはただただ頭が下がる。
例文5:こんな自分のために走り回って薬を探してくれる彼女の姿に頭が下がる思いでいっぱいです。

「頭が下がる」をうまく用いる

「頭が下がる」は日常的によく使われる慣用句です。感心や尊敬を表す言葉なので適切に使えるようにしましょう。頭を使う慣用句は多いので、論文・小論文では使い方を混同しないようにして使えるようにしておきましょう。

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました